皆さん、こんにちは!
運営事務局のです。

最近はトンボを見かける機会が増え、秋に向かっているのだなとしみじみ感じております。
うだるような暑さが少しずつ落ち着くと思うと心も少し軽やかになりますね

今回は、私がこちらの事業で就労する前のメーカー企業での経験についてご紹介したいと思います。
その会社では「貿易事務」にあたるお仕事にも従事していました。
現在、事業にお申込みいただいている求職者の方で英語を使ったお仕事を希望している方が多いです。
その中で、「貿易事務」のお仕事を視野に入れている方もいらっしゃいますので、
私が以前、就労していたメーカー企業での「貿易事務」のお仕事についてお話しさせていただきます

まず、私が行っていた「貿易事務」の業務はこんな感じでした。
・輸出書類の作成(輸入は行っていませんでした。)
・通関とのやり取り(トラブル対応)
・海外顧客からの問い合わせ対応(メール・電話問わず)


他、「営業事務」の業務も並行していましたので、下記の業務も行っていました。
・受発注入力
・在庫管理
・納期管理
・荷受けと出荷
・電話対応(問い合わせ・クレーム対応)
・お茶出し
・社内レクリエーションの企画や準備


働いている企業様にもよりますが、私が受け持っていた業務は「国内営業事務」と被っている内容のものも多く、貿易に関わるお仕事以外では周りの方と助け合い、協力しながら働いていました。
事務職は、一人でパソコンに向かってモクモクと集中して働くイメージをお持ちの方が多いと思いますが、私が働いていた職場では「荷受け・出荷」の作業も含まれていたので重たい荷物をみんなで協力して運んだりしていました。自分が担当している業務に専念するというよりは、助けが必要な業務をサポートしあったり、お客様からの問い合わせに対応したりなど、コミュニケーション能力が求められる機会が多くありました。

正直に申し上げると、入社前にイメージしていた「貿易事務」のお仕事とは少しギャップがありました。それでも、いろんな業務に携わる機会があり人間的に成長できたと感じています。
やはり、正社員で就労する以上、異動に伴い希望の職種を離れたり、希望の業務以外の担当を受け持つ機会が巡ってくることもあるかと思います。それでも、ぐっとこらえて業務を続けるとそこからでしか見ることのできない新しい景色が待っています!

次回、貿易事務についてよく聞かれる質問についてお答えします
お楽しみに~!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しい内容はホームページをご確認ください
エントリーもホームページより受付中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー